朝食を食べない生活(妻編)

生活術
スポンサーリンク

8月も終盤ですね。
今年も全国的に猛暑でした。

暑いと圧倒的に不足するもの。
それは「運動量」!!

加えてコロナで外出制限が始まってから早3年。
40歳代の皆さん、体重増えていませんか?

夫婦で試しているのが
「16時間食事を摂らないオートファジーダイエット」

言葉は聞いたことあるけどまだやったことがない方。
最近やり始めた方。

一般人夫婦が3年以上続けた経過と、感想をお伝えします。

結論!!
空腹は慣れたら楽勝。
体重は二人とも微減!
たくさん食べなくても問題なく過ごせることを知れたのが何よりの収穫!


オートファジーダイエットとは、24時間のうち、16時間食事をしないというもの。(飲み物は飲んでます)

厳格なやり方や詳細な効果は省略しますが、
要は「空腹時間を作ると、体内の古い細胞を新しく生まれ変わらせる機能(オートファジー)が働き、結果健康になり体重も落ちる」
というもの。

先に私から始めました。
理由は産後の体重が落ちすぎて、フラフラになったから。
増えたからではなく、落ちすぎて困ったんです。
子どもたちを育てながら、健康的に生きていくために食事の摂り方を模索していました。
小さい子供がいると、お世話や食事の介助に時間を取られて3食しっかり摂れないんですよ。

3食摂ることを諦める代わりに、栄養バランスを意識した2食をしっかり摂るオートファジーダイエット生活を選びました。
これにより朝のバタバタな時間に
「私もご飯食べなきゃ」
と焦ることもなく、子どもたちの世話や家事に全力で向き合えました。

空腹は、正直すぐ慣れました。
我が家はだいたい7時から夕食
なので翌日は12時から昼食を摂れば条件クリア。
私は麦茶や無糖のコーヒーを飲むので、起床後からお昼まで問題なく過ごせます。

というより!!!

あれ、朝イチでも頭がスッキリ冴えている
体も軽いよ!
子供とすぐに公園に行けるし、家事もはかどるじゃん☆



お昼ごはんから食べるから、時間も気持ちも余裕を持てる。
公園遊びや家事も一通り済んでいるから、何ならグーグーお腹が空いている!

オートファジーを始めてから、1食1食のご飯をすごく大切に思えるようになりました。
そして何より
「空腹で食べるからめちゃくちゃおいしい」

食べるときのわちゃわちゃ感は変わりませんが、
「とりあえず腹に何か入れておこう」
といった考えはなくなりました。

結果、適正体重に戻りました。
164cmで50kgを切り、フラフラでしたが今は52〜53kgのベスト体重を維持しています。
もしかしたら、私の場合は精神的な「追われている感」が強かったのかも知れません。
性格的にも、オートファジーダイエットは私に合っていました。
3食食べるから、1食くらいテキトーでもいいかと考えなくなりました。

コロナの前から偶然はじめていたオートファジーダイエット
この習慣のお陰で、コロナ禍の今も体重はベスト体重を維持できているよ!


コロナ禍で思いがけず運動しづらい環境になりましたが、この食事習慣のお陰で体重管理には苦労していません。
空腹時間の午前中に自転車の送迎や買い物、運動などをしているので、むしろ脂肪が落ち、筋力が上がったいるように感じます。

今回は40歳女性、子育て中のオートファジーダイエットの感想についてでした。

次はコロナ禍からオートファジーダイエットを始めた「夫編」をお送りします。



コメント

タイトルとURLをコピーしました