PR

楽天ふるさと納税 返礼品 量コスパランキング(85ジャンル)

スイーツ・おやつ

ふるさと納税を活用して、節約・節税しましょう!

そこで悩むのが返礼品選びです。
せっかくなのでお得な返礼品を選びたいですが、みなさんは何を基準に選んでいますか?

思い込む男性
思い込む男性

レビューが高評価な返礼品を選んでおけば安心でしょう?

思い込む女性
思い込む女性

還元率の高い返礼品を選べばお得だわ!

管理人
管理人

いいえ! お得な返礼品を選ぶ基準は量コスパです!

Q
レビューが高評価な返礼品を選べばお得ですか?
A

いいえ。レビューの評価は必ずしも正しくありません。

寄付金額や総量は随時変更していますが、レビューはリセットされません。
また、新しいお得な返礼品はレビューが付くまで時間がかかります。

Q
還元率が高い返礼品を選べばお得ですか?
A

いいえ。還元率が高くてもお得とは限りません。

様々なサイトで還元率の高い返礼品が紹介されていますが、市場価格が定額だったりブランド価格の場合があるため、当てになりません。
(よく目にする計算方法)還元率=市場価格÷寄付金額

Q
量コスパが良い返礼品を選べばお得ですか?
A

はい。お得です。

重さや大きさは事実なので、重さや大きさあたりの寄付金額(単価)が安い返礼品を選べば、量コスパが良くお得だと言えます。

当ブログでは、重さや大きさあたりの寄付金額(単価)が安い返礼品を量コスパランキング形式で紹介します。
ジャンル別に一覧化し、五十音順に記載しました。

  • ワンストップ申請オンラインサービス対象の場合、自治体名の横に下記を表示
    IAM(公的個人認証アプリ)
    自治体マイページ
  • ランキングで紹介する返礼品はすべて送料無料(離島・一部地域は追加送料がかかる場合あり)
  • 市場価格換算額も表示しているため、スーパーマーケットで目にする価格との比較が可能
  • 対象サイトは楽天ふるさと納税
    • 寄付の支払いで高還元率で楽天ポイントが貯まり、次の寄付の支払いに獲得したポイントを充当できる
    • 楽天ふるさと納税サイトには単価の絞り込み機能がないため、当ブログで量コスパランキング形式で紹介

カテゴリ別

1. 日用品

△目次へ戻る

2. 穀物

△目次へ戻る

3. 麺

△目次へ戻る

4. 精肉

4-1. 牛肉

4-2. 豚肉

4-3. 鶏肉

4-4. 馬肉

△目次へ戻る

5. 魚介

△目次へ戻る

6. フルーツ

△目次へ戻る

7. 野菜・きのこ

△目次へ戻る

8. 乳製品

△目次へ戻る

9. スイーツ・おやつ

△目次へ戻る

10. ドリンク・お酒

△目次へ戻る

目的別

1. レトルト

ご飯

惣菜

△目次へ戻る

2. ダイエットやトレーニング中の方におすすめの食材

2-1. タンパク質が豊富な食材

▽鶏肉(ムネ、ささみ)

2-2. GI値(食後の血糖値の上昇率)が低い食材

△目次へ戻る

3. 寄付金額1,000円のおすすめ返礼品

△目次へ戻る

我が家の返礼品レビュー

△目次へ戻る

楽天ふるさと納税に関するよくある質問

FAQ
Q
ふるさと納税ポータルサイトの中でおすすめは?
A

おすすめは楽天ふるさと納税です。

オリコン顧客満足度®調査による2022年「ふるさと納税サイト」ランキングで、楽天ふるさと納税が2年連続で総合1位に選ばれています。

管理人も楽天ふるさと納税を利用し、楽天経済圏でお得に生活しています。
詳しくはこちらの記事で紹介しています。

Q
楽天ふるさと納税を選ぶメリット・デメリットは?
A

楽天ふるさと納税を選ぶメリットとデメリットを紹介します。

寄付の支払いにより高還元率でポイントが貯まり、次の寄付の支払いに獲得したポイントを充当できる

  • 寄付の支払いで楽天ポイントが貯まる
    • ふるさと納税の寄付もポイント付与対象
    • 各種キャンペーン「ショップ買いまわり」「毎月5と0の付く日」「39ショップ」等を併用することでポイント付与率が膨れ上がる
  • 寄付の支払いに楽天ポイントが利用できる
    • 楽天ポイントでの全額支払いや一部のポイント充当が可能
    • 期間限定ポイントも問題なく利用可能

これまで楽天ポイントを利用していない方は、ポイントの種類が増えてしまう

Q
寄付の限度額を計算する方法は?
A

ふるさと納税の寄付で控除を受けられる金額には上限があります。

限度額の計算は楽天ふるさと納税サイトのシミュレーターをご利用ください。
かんたん版詳細版目安表があります。

Q
税金控除はワンストップ申請と確定申告どちらが良い?
A

おすすめは確定申告です。
ワンストップ申請は寄付できる自治体数が1年間で5自治体以下までですが、確定申告は制限がありません。
その他にも下記のメリットがあります。

  • 寄付できる自治体数に制限がなくなり、お得な返礼品を選び続けられる
  • 切手を購入したり、書類を作成しなくて良い(ワンストップ申請だと必要な自治体がある)
  • 複数の自治体へ寄付していても、1回の手続きで済ませられる
  • 楽天ふるさと納税は国税庁長官が指定した特定事業者なので「寄付金控除に関する証明書」が利用できるため、e-TAXによりオンラインで確定申告が完結できる

管理人の場合、確定申告の所要時間は30分程度です。
詳しくはこちらの記事で紹介しています。

Q
いつからいつまで寄付を申し込める?
A

ふるさと納税の寄付はいつでも申し込めます。
1月1日から12月31日までに寄付した金額の年間累計が、翌年の控除の対象になります。

Q
いつ寄付してもお得さは変わらない?
A

いいえ。ふるさと納税をお得に行うためには寄付するタイミングが重要です。

楽天スーパーSALE、お買い物マラソン、ブラックフライデー等のセール期間を狙いましょう
上記メリットで紹介しました各種キャンペーンを併用することでポイント付与率が膨れ上がります。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

Q
ショップ買いまわり完走のための購入は無駄遣いでは?
A

はい。ショップ買いまわり完走のために、必要のない物を購入することは無駄遣いです。

そこで、ショップ数を満たすため、日用品または日持ちする食品を購入することをおすすめします。
もちろん、送料含めた価格がスーパーマーケットやディスカウントストアの価格以下であるが条件になります。

条件を満たす商品はこちらの記事で紹介しています。