あなたはランドセルに何を求めますか?

生活術
スポンサーリンク

前回のブログを見ていない方は先にどうぞ!

前回に続いて、4月から小学1年生になった子供のラン活(ランドセル購入活動)の経緯についてお伝えします。
事前に通学予定の小学校の通学スタイルはご確認頂けましたか?
では、ランドセルの購入に向けて検討しましょう!!

その前に、先に我が家のランドセル購入日と自宅に届いた日をお伝えします!

ランドセルの購入日は2022年3月5日です。
ランドセルが自宅に届いたのは2022年3月9日です。


「うわ、遅い!ギリギリすぎ〜」
と言った感じでしょうか?
購入が3月になったのには理由が有りますので後ほど…。

色、デザインより最優先事項は軽さ!
1年生のランドセルも十分重いです。
とにかく悩んだら軽いランドセルを選んでください。

我が家は素材だけは親が決めました。
『人工皮革』です。
なぜなら合成皮革より丈夫で、牛革より軽いから。

子供は現在119センチ19キロ弱。
ひょろっとした体型なので軽いものを探しました。
A4サイズの教科書を使うし、毎日タブレット端末を持ち運ぶとなると重そうだったんで。
パンフレットやネットの口コミでも、軽さを売りにしているランドセルは多かったです。

「ランドセル、軽いものを選んで良かった・・・(泣)」
実際に4月から子供の通学する姿を見て、心からそう思いました。


毎日必ず持ち帰って来る教科書とノート。
加えて自由帳+連絡帳+筆箱でランドセルの総量が3キロ。
来月からタブレット端末が追加予定。
更に毎日水筒持参…私が持っても重い!

子供も重そうに背負いながら、毎日通学しています。
健気に頑張っている後ろ姿に、そっと手を貸してあげたくなります。

ランドセルはあくまでも教科書を運ぶものであることを、購入の大前提にしましょう。
体格に関わらず、軽量の物を選ぶことをオススメします。

大人だって、重い荷物を背負うのにあえて重いリュックは選ばないですよね。
子供は選択の経験が少なく、想像力が追いつきません。
購入前に3キロ以上の重さのリュックを背負わせて、軽量ランドセルの重要さを親子で体感しておくといいかも知れません!

我が家で購入したランドセルには「6年保証」がついています。
今は7年保証なんてものもありますよね。
途中で壊れても安心です。

でも、6年間使う前提でも想定外の事って起こりますよね?

何かしらの事情で6年間同じランドセルを使えない可能性もある!
色んな選択肢があることを知れば、親も子もランドセル選びがより楽しくなるよ!


例えば、子供の体が大きくなってランドセルを背負いづらくなった時。
「高かったし6年間使うって約束したんだから、文句言わずに背負いなさい」
と私は言いたくありません。

壊れたり、壊されたり、どうしても使いたくない事情が出てきた時。
さっと本人の気持ちが切り替えられるような、代替品を渡せる親でいたいです。
保証がついているなら直せばいいし、色で嫌な思いをしたなら中古品を探そう。
リュックに変更できないか学校に問い合わせればいい。
そういうおおらかな気持ちでいたいなと思いました。

これから先たくさんの選択肢があることを伝えた上で、
「大切に使ってね」
と子供にランドセルを渡しました。

1つのランドセルを使うのもよし。
途中で買い替えたっていい思い出。
「6年間ずっと使えるランドセルを探すぞー!」
と大人が鼻息荒くならないようにしましょう。
選択肢はたくさんあると思えば、少し肩の力が抜けますよ。

もちろん卒業まで大事に使ってくれたら嬉しいですけどね♪

何度でも言いますが、ランドセルに気を取られるのは入学式の日まで!!


ほんとに、入学したら誰もランドセルの話題なんて口にしません。
翌日からは忘れ物がないか、先生の話が聞けるか、友達と仲良く出来るかが心配のタネになります。
親も子も、新たな小学校ライフについていくのに精一杯になっていきます。

「小学校で毎日元気に過ごす」
ことができれば、それで充分になるもんですよ。

最後に…
あまり早く購入すると置き場所に困ります。
子供たちが入学前にランドセルをおもちゃとして扱いそうで、ギリギリまで購入を見合わせました。
さすがに入学式前に傷だらけになるのは困りますので(笑)

購入したのは「ツバメランドセル」です。
軽いし、しっかりした作りでお値打ちだと思います。
本体の色もステッチの色も、子供が希望したものです。
肩ベルトも丈夫で、背中のクッションも充分すぎるほどの厚みがあります。
本当に良い買い物をしました。

ギリギリで届くように購入したので、入学式もピカピカの状態で背負いました。
下の子が踏んづけてもびくともしません!
十分役目を果たしてくれています。

来年ご入学するすべてのお子様が、ワクワクするランドセルを選ぶことが出来るよう心より願っています。

3月まで購入を延ばしたのは、結局ランドセルってどのくらい値下げされるのか見てみたかったのも理由のひとつ。
まだまだ種類は豊富にありましたし、値段も20%オフは当たり前。
本当に焦らず買いましょうね。

ラン活狂想曲は無事終了☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました